Img_f9ac329d25374b4bb52cc3eec1a0fcc3
Img_e1f9d4b307fc8c721d13b32f315231c1
キネマの展示《第2幕》本日からはじまりました。
10人の作家が思い思いに映画テーマに作品を展示しています。

私は今回ひとつの映画に絞って作品を展開してみました。
静かに繰り返す波の動きを見ていると、その映画をいつも思い出します。
モチーフとした映画は「海を飛ぶ夢」。

レトロなフィルム缶の中に閉じ込められた波は、蓋を開け取り出し眺めることで部屋の中の限られた世界から飛び立つ彼の自由な精神を。宙を廻る石には映画のテーマが持つある重さと、それと対比するように描き出された彼の軽やかな自由の精神をイメージし表現しました。

どちらも静かな空気を持つ作品になったと思います。
暑さの盛りを過ぎた9月のこの時期に、ぜひ皆様に直接見ていただきたいと思っています。
Img_b363f853cd6689de1f743632959bf0ab
8月に参加していた2つの展示。双方とも先日無事に終了いたしました。
会期中なかなか会場に伺えず皆様と直接ゆっくりお話する機会がなく残念でしたが、また次回チャンスがありましたら今度こそ在廊できるようにと思っております。

ご高覧いただいた皆様と企画してくださったギャラリーの皆様方に御礼申し上げます。
今年も芸術交流に参加するためメンドシーノを訪問しています。

まだきちんと展示風景など撮っていないのですが、これから少しずつ出来るときにこちらにupしていきます。
Img_2bab315602d517bedc16de9cc12aef9a
Img_b839f982e43b1e1837a102d5e81ea261
冬の間はギャラリー様への納品作品などをコツコツと制作していましたが、安曇野にもようやく春が訪れたので少し足をのばして静岡の御前崎まで石拾いにやってきました。

いつも行く新潟の糸魚川~親不知あたりの石とは異なる表情のものも多く、その土地ならではの面白さを感じます。
青森や北九州あたりにも表情豊かな石ころ海岸があるそうなのでいつか行きたいなと思いを馳せつつ、今日の石たちをじっくり作品に仕上げていこうと思います。

せっかく来たので沼津の深海水族館にも立ち寄ってみました。オウムガイは海洋生物の中で一番好きです。
プカプカと水に漂う姿が特に好きなのですが、今回は皆岩にくっついたり、底に座り込んだりして休憩中でした。
次の時には泳いでいる姿が見れたら良いなと願いつつ。
Img_2ee71e4f4674d7ebcd0a0457b154be43
Img_43e8c032d2c8b59357b0774965ce447e
Img_8ad1dcf4affae4726e764268379e44d7
数日ぽっかりと予定が空いたので、かねてから行きたかった美術館まで旅に出ました。
泊まるところも特に決めず、高速道路を運転しながら立ち寄りルートを考えてみたり。
道端に出ていた露店の美味しそうなものにチャレンジしてみたり。
最終目的地以外はまったくノープラン旅でしたが、思いの外これが楽しく、またいつかやれたらなと思っています。


さて、その目的の美術館は鳥取県の大山麓にある植田正治写真美術館です。
カメラオブスキュラの中に入り込むこの経験と、植田正治の写真の数々にすっかり虜になりました。
また数日休みが取れたら足を運ぼうと思います。