今年も芸術交流に参加するためメンドシーノを訪問しています。

まだきちんと展示風景など撮っていないのですが、これから少しずつ出来るときにこちらにupしていきます。
Img_2bab315602d517bedc16de9cc12aef9a
Img_b839f982e43b1e1837a102d5e81ea261
冬の間はギャラリー様への納品作品などをコツコツと制作していましたが、安曇野にもようやく春が訪れたので少し足をのばして静岡の御前崎まで石拾いにやってきました。

いつも行く新潟の糸魚川~親不知あたりの石とは異なる表情のものも多く、その土地ならではの面白さを感じます。
青森や北九州あたりにも表情豊かな石ころ海岸があるそうなのでいつか行きたいなと思いを馳せつつ、今日の石たちをじっくり作品に仕上げていこうと思います。

せっかく来たので沼津の深海水族館にも立ち寄ってみました。オウムガイは海洋生物の中で一番好きです。
プカプカと水に漂う姿が特に好きなのですが、今回は皆岩にくっついたり、底に座り込んだりして休憩中でした。
次の時には泳いでいる姿が見れたら良いなと願いつつ。
Img_2ee71e4f4674d7ebcd0a0457b154be43
Img_43e8c032d2c8b59357b0774965ce447e
Img_8ad1dcf4affae4726e764268379e44d7
数日ぽっかりと予定が空いたので、かねてから行きたかった美術館まで旅に出ました。
泊まるところも特に決めず、高速道路を運転しながら立ち寄りルートを考えてみたり。
道端に出ていた露店の美味しそうなものにチャレンジしてみたり。
最終目的地以外はまったくノープラン旅でしたが、思いの外これが楽しく、またいつかやれたらなと思っています。


さて、その目的の美術館は鳥取県の大山麓にある植田正治写真美術館です。
カメラオブスキュラの中に入り込むこの経験と、植田正治の写真の数々にすっかり虜になりました。
また数日休みが取れたら足を運ぼうと思います。
Img_d32d5fe227ee936b8a935317ec510133
Img_6b6b4d385d38cabd075fa0f79ecb6382
日曜日に無事個展が終了いたしました。
お越しいただきました皆様ありがとうございました。

今回の展示では新作「旅路」を発表いたしました。
今までの作品とは少し異なる形での表現となった為、在廊中皆様の感想を緊張しながら拝聴していました。
これからこの作品がどの様に変化していくのか自分でもまだわかりませんが、作り続けることで見えてくるものを楽しみにしつつ制作していこうと思いを新たにいたしました。


年内の展示はこれで一段落です。
冬の間はゆっくりとしたペースの展示のみの予定です。また時期が近づきましたらご案内いたします。
Img_9fd12f505ddcbd3bdfcd22bdfca79094
「旅路」


数年前に手に入れた古いトランクの中にそれはあった。
小さな皮張りのその手帳には、ある一人の男の長い旅路が綴られていた。

小さな字で丁寧に描き出されたその彼の旅路を、
私は一つ一つ読んでいく。

彼は長い旅路の中で多くのものに出会った。
喜びも悲しみも、あたたかさもつめたさも。
すべてが彼を作り出す一つ一つのpieceとなり、
彼の中にひとつの地図を描いたのだ。

やがてその物語は、国や言葉やあらゆるborderを越えて、
まだ見ぬ異国の地へと私を誘う。


旅終わりに、彼は何を見つけたのだろう。


広大な、少し鈍色がかった海を見つめながら、
私は、託された古い手帳に新たな旅を書きはじめる。