Book of the sky & tree

「ごがつのそら」を創り出したときから、
いつか形にしたいと思っていました。


大切な物語のように一冊の本のなかに閉じ込める。
ふとした時にそっと開く。


忙しい日々のなかでも空はいつでもそこにあります。
眠れない夜でも樹々はいつでも囁きかけています。


その空はあなたの子供時代へとつながり、
その樹々は幼い時聞いた子守唄をうたっている、
そしてあなたはきっと大切な何かを思い出すでしょう。


そっと閉じて、また開かれる日まで。

​©2008 copoeeu