About

copo e eu とはポルトガル語でのcupと私という言葉を組み合わせたもの。


松原幸子  

2003年 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業
     あづみ野ガラス工房参加(〜2008)
2008年 フリーで制作をはじめる

現在は個々の美意識や価値観は何処から生まれたのかというテーマを主軸にガラスと他素材を組み合わせたオブジェを制作している。

 

美の基準は国や時代により異なる。文化など何かを共有し合う中で、美というものへの共通認識は生まれる。しかし一個人の意識の差というものはその人が生まれ成長する中で出会った一つ一つの事柄から形成されていく。そうして生まれた美意識は、やがて別の誰かの美意識を作り出すひとつの要素となる。人が何かを「美しい」と感じた時、そこには長い時を経た様々な人々の美意識が存在する。

Sachiko Matsubara

Graduated from Tama Art University in 2003.
Trained in the Azumino Glass Studio for 5 years and became an independent artist in 2008.

Currently creating glassworks combining with other materials under a theme that how individual aesthetic senses and values are created.


The base of beauty sense differs by countries and times. The common sense of beauty derives from exchange of values such as cultures. However, an individual sense of beauty is formed by the experiences that the person faces since he/she is born. Then, the individual sense of beauty affects others and becomes one of the elements of other's senses of beauty.

​©2008 copoeeu